<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2016.01.28 Thursday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  •  - category(-)
  •  - -
  •  - -
  •  - スポンサードリンク

2012.12.16 Sunday

たとえばシアター・ミラクルの広告の作り方

久々にこのブログがトラックバックされて、自分がブログをやっていることを思いだした。
演劇の宣伝に関する記事を読んでいただいたようなのだが、やっぱりそういうニーズって一定の割合で常にあるのねん、とおもた。
確かに、実際に対面で相談を受ける分野も、多くがこの手のものだ。

と言うわけで今日は、私が広告を作るときにどう言う点に留意しているかについて、お話しておきたいと思う。何故かと言うと、マーケティング手法の最も土台となる考え方のひとつだからだ。最初に触れておくには良い内容だろう。
きっと劇団での広告作りにおいても、そのまま流用出来る考え方だと思うので、よければ取り入れていただきたし。


広告における3Mの法則

あなたはカンフェティなどに載せる劇団の広告を作るとき、あるいは劇場に折り込むチラシを作るとき、何から考え始めるだろうか?
何の手がかりもなしに広告文を考え始めると、ドツボにハマるよ。
何の基準もなしに書いていると「これでいのかな? …ま、理由はないけど、これでいいか」ってことになる。

 私が広告文案を練るとき、真っ先に念頭に置くのが「3M(スリー・エム)の法則」というものだ。
 これは私の心の師匠である、ダン・ケネディというスーツを着たカーネル・サンダースみたいなオッチャン(ダイレクト・レスポンス・マーケティングという分野の世界的権威である)が提唱していることで、正確には“広告の”と言うよりは“マーケティングの3M”と言うほうが正しいだろう。この3Mの法則に則って、彼は自身とクライアントの売上を大幅に増大させてきた。

 どんな法則かと言うと「マーケティングで成果を出すには、3つのMがきちんと噛み合っていないダメなの」と言う理論である。   
 その3つのMとは、それぞれ、(1)メッセージ、(2)マーケット、(3)メディア。以下に詳しく説明しよう。

(1)メッセージ……文字通り、あなたが発信するメッセージのこと。チラシやDM、メール、ホームページなどの広告文に限らず、電話や対面での営業トーク、はたまたビジュアルまで、お客さんに見せる全てのものがメッセージである。

(2)マーケット……市場。すなわち、あなたがメッセージを届けたい対象のことで、ターゲットとする見込み客・顧客のこと。広告で言えば「読者」と言っても良いかも。

(3)メディア……メッセージをマーケットに伝えるために活用する媒体のこと。チラシ、DM、カンフェティなどのフリーペパー、こりっちなどのポータルサイトなどがそれにあたる。さらに言えば、折り込みチラシであれば「折り込み先/どこに折り込むのか」の判断も、メディア選択の肝と言えるだろう。

と言うわけで、この3つが上手く連携していないと、効果が出ませんよ、とダン・ケネディのオッチャンは言うているのである。

 演劇の超コアなファンに届ける(マーケット)メッセージであれば、王子小劇場に折り込むチラシ(メディア)に「クロムモリブデンみたいな爆音が特徴です」だとか「惑星ピスタチオを彷彿とさせるマイムが好評」(メッセージ)などと書いても良いわけだが、そう言うことを、演劇初心者に向けて言っても、あるいはお笑いライブのチラシに折り込んだりしても、メッセージもメディアもマーケットもちぐはぐで効果が出ないって訳である。

 もひとつ、シアター・ミラクルに喩えてみようか。
 シアター・ミラクルを、若い学生劇団に使ってもらうための広告を実施したいとする。
 若い学生劇団(マーケット)はどこにいるのか?……学生芸術祭の観客になら、学生劇団の人が多く居るに違いない。そこに折り込みチラシをしよう(メディア)。では、学生劇団に響く言葉(メッセージ)はなにか?…「過去に学生芸術祭に参加した、劇団たすいち、カムヰヤッセン、アガリスク・エンタテイメントが過去に利用し、大きな劇場に巣立っていったり、動員を伸ばしていっています!」という言葉は、使っても良いか…。などと考えていく(あまり上手いメッセージじゃないけど…)。

 演劇のチラシで良くあるのは、マーケットとメディアは合っているけれども、劇団名とタイトルが書いてあるだけで、なんのメッセージもない、というパターンだ。当然メッセージがなければチラシやDM、メールが届いたところで読み手が元から知っている劇団だとか、気になっていた俳優・作家などが関わったりしていない限り)読み飛ばされてしまう。見てもくれないかも知れない。

 他のジャンルと比べて、演劇などのアート、エンタテインメントの場合、このメッセージが非常に難しいわけだが、最低限、あらずじや前回公演の写真などは載せておくべきだろう。
 できれば団体の“他にはない特徴”や、作・演出家の魅力的なコトバも欲しいところだが、そこまで載せると結構ごちゃごちゃしたうるさいチラシになりがちなのだ。まあ、ここからがデザイナーの腕の見せ所でもあるのだが。

(ちなみに通常のビジネスでは、ここで「メッセージにはUSPと言うのもが必要なんだぜ!」という話になるが、それを話すと4時間くらいのセミナーを開かねばならなくなりそうなので、またいつかね)

 以上、一度こういう視点から自分の劇団のチラシやホームページを見直したらどうでしょうか? 何かの突破口が見つかることもあるかも知れない。無いかも知れない。

 じゃまた来年。

(もひとつちなみに、シアター・ミラクルのホームページは訳あってそう言う視点では作れていないので、参考にならないよ! こめんね!)

2011.12.20 Tuesday

映画のチラシを眺めてみれば【映画チラシの構造分析】

新宿シアター・ミラクルの置きチラシにも、定期的に映画のチラシが届くようになった。そこで、主に若手の小劇場演劇を主戦場とするワタクシの視点から、映画のチラシの構成を俯瞰してみることにした。

【作品タイトルが、ロゴとして載っている】
小劇場演劇では、タイトルロゴがある作品の方がおそらく少ないだろう。

【映画祭情報】
映画祭へ出品している作品の場合、これでもかとばかり出品先の映画祭の名称を羅列している。

【公式サイトアドレスの掲載方法】
たいてい表面の最下部を見れば、小さい文字ながらも載っているようだ。

【あらすじ】
載っていないチラシはほぼ無いようだ。演劇と違って既に完成していますからね。

【企画意図?】
のようなものもほぼ確実に載っている。演劇と違って文章がおかしい、と言うこともあまりなさそう。

【キャッチコピー】
これがいわゆるセールスの世界での、ヘッドコピーに当たる機能を有している場合が多い。あとサブヘッドも載っているチラシもある。

【公開日、映画館情報、チケット利用金】
実際に見に行くに際して必要な情報は、裏面下部にあることが多い。演劇と違って単館のみという場合は少ないから、「〜ほか」という表記になるようだ。

【写真多数】
既に撮り終わっているわけですから、使わない手はありません。

【スタッフ・キャストのクレジット】
総じて級数は小さい。チラシでそこを推そうというつもりは業界全体としてないのであろう。

【尺が載っている】
ま、撮り終わっているわけですから。

【監督の情報】
1行程度の紹介から、第一回監督作品の場合は数百文字のプロフィールいたるまで、掲載されていることも多い。書くべきそこそこの実績はあるが、まだ一般には名前が知られていない監督の場合は、おそらく掲載するのが普通なのではないかと推測する。

【テスティモニアル】
有名人からの推薦文をもらえている作品は、載せているようだ。ま、さすがに今どき誰かが良いと言っているからといって映画を観ようとは思わない気もしますけれども。

※印をつけた最後二つの項目以外は、ほぼどのチラシもデフォルトとなのだろうと思われる。若手小劇場演劇に携わる者としては、その点がとてもうらやましい限りだ。

若い演劇人から、ホームページやチラシについて「どんな項目を載せればいいですか」と質問を受けた際に、私は、「映画のサイトやチラシをパクれば」と答ることが多い。

もちろん全ての演劇のチラシが映画のようにあるべし、などとは考えていない。いないが、劇団名とタイトルと、謎のポエムと変なイラストと、免許証のもののような顔写真しか載っていなくて、問い合わせ電話番号すら載っていないチラシを作ってしまうのであれば、素直にまねたほうが良いとワタクシは思う。

何と言っても「既に作品が完成している」という点が演劇との最大の違いなのだとは思うが、仮に試演会などでほぼ通せていたとして、果たしてこういうチラシが若手小劇場演劇で当たり前に作れるかと想像してみるに、さまざまな要因により、そうは行かないかもなあと考えてしまった。

それにしても、映像という、演劇に比べればデジタルにもテレビにも遥かに親和性の高いメディアが、紙のチラシをきっちり作り続けていると言う点に些か驚かされる。このあたりのことを鑑みても、映画のチラシにはまだまだ学ぶべきところがたくさんあるような気がするのだ。

JUGEMテーマ:演劇・舞台

2010.03.26 Friday

ツイッターを駆使した精神分析

ツイッターを本格的にはじめて約一ヶ月。原理原則を重んじるこの支配人としては、他人のつぶやきは一切顧みず、ただひたすらに己に語りかけるという男気あふれるハードコアなつぶやきを目指していた。

現代によみがえったマルクス・アウレリウス・アントニヌスさま、平成の自省録たらんという高邁なる精神でハヤリの歴女たちをきゃあきゃあ言わせようという魂胆ではじめたツイッターだが、人様のつぶやきにもろくも反応してしまい目下リツイートしまくりなう、といった状況である。

かくして、つぶやくこと285回。その内容を冷静に分析する事で、己について見えてきた事がある。日高義樹のワシントン・リポート風に話をまとめます。


1、実は暑苦しい(松岡修造化する)。

2、意外におとこくさい(北方謙三化する)。

3、頭良いか悪いかで言えば、頭悪い系(なんでこうなっちゃったんだろう…)

4、つぶやきすぎ(空気読まない)

5、むしろ叫んでいる(かなり叫んでいる)


このままでは劇場公式ツイートとしては破綻する危険性もあるがそれを承知でしばらく民主党チックにアナーキーに行こうかと思っています。


●次の文字をクリックすると、ブログランキングに投票されます。このブログを応援してくださる方は、クリックしていただければ幸いです。
▲▲このブログを応援する▲▲


JUGEMテーマ:コラム


2010.03.22 Monday

人類初の地平を拓く

憂国の士をもって自認するこの支配人。昨今の禁煙ファシズム状態はいかがなものかと思う。やりすぎなんじゃあないかと。

一体そこまで愛煙家を虐げていいのだろうか? 愛煙家たちは真冬にさぶい戸外に追いやられ、真夏に炎天下にさらされるのだ。いつか愛煙家たちが反逆のノロシならぬタバコの煙をくゆらして、この日の本の国を二分する内乱に発展するのではないかと、大いに危惧するところである。

と言うと、私の友人たちは「お前は一本もタバコを吸わないじゃないか」と指摘するであろう。その通り。私は愛煙家ではない。愛副流煙家だ。喫煙家にコバンザメのようにひっついて、タバコの煙のおこぼれに預かるという人類史上初の試みに挑んでいるのである。

ここに私は愛副流煙権を主張したい。副流煙を楽しむのは人間の権利である! 喫煙しない人間にも受動喫煙の権利を!という活動を、この歌舞伎町を中心に展開したいと考えている。

ちなみにシアターミラクルはむろん全館禁煙だ!

JUGEMテーマ:コラム


2008.12.24 Wednesday

新たなる出会い

最近激務の上に激務を重ねている支配人であるのだが、あまりに忙しいために事務処理などは無意識のうちに終えていることも多く、その無意識の狭間で、気がついたら新しい手帳を買ってしまっていたッ! 

何たることであろうか。でも、買っちまったんだから仕方がないのである。使うしかないのである。

買っちまった手帳。その名はfILOFAX社製の「SLIMLINE KENDAL」。見初めてから約2年。これはといってよかろう。

ファイロファクスはこ


これがファンにはおなじみの「fILOFAXはこ」。他の手帳のはこよりはマシだが、Apple製品で育ったブルジョワジーな支配人としては、やや物足りなさを感じる。

ファイロファクスはこを開いてみる

ご開帳
むふうー、上品なオイルレザーの香りすらただよってきますな。

オイルレザーと言うものを使ったことがない人には、是非お伝えしておきたいのが、その耐久性である。

通常、皮革製品というのは水分や擦れに非常に弱い。机の上に置いたコップの雫程度の水滴ですら、その上に間違って手帳をのっけちまったひにゃあ、あんたもう、若かりしころに入れちまったタトゥなみに消したくても消えないのである。この水滴のためにタイムマシンを開発して欲しくなるほどだ。この世で最も不幸なのは自分だ、と断言出来てしまうほどに激しく後悔すること請け合いである。それほどにくっきりはっきり残ってしまうのだ!

が、そこへ行くとオイルレザーは強い。少々の水滴は拭き取って乾かせば消えるし、残ってしまったとしても輪郭を軽くこすればかなり目立たなくなるのだ。ツメでひっかいた程度の傷も同様。くぬやろ、くぬやろ、と執念深くこすればキレイさっぱり跡形無く消せてしまうのだ。

脅迫神経症および潔癖症の方に革の手帳をプレゼントするのであれば、支配人、オイルレザーをお勧めしたい。というか、なんで去年は傷にも水にも弱いコードバン(革の種類)を買っちまったんだ俺は、と言いたい。

このようにしてご活躍


そして現在、このようにご活躍されている新・支配人手帳。

ぺろぺろぺろっと蛇腹が広がっているページは、来年の劇場スケジュールを記入するリフィルである。ありがたいことに来年7月くらいまでは、もうすでに結構予約が入っている。
この紙見りゃあ、どこが埋まっていないか一目瞭然。このページだけで一年の仕事の出来が大きく変わるのだ。だから新しく手帳を買ってしまったことも無駄遣いとは言えないのである。

●次の文字をクリックすると、ブログランキングに投票されます。応援してくださる方はクリックしていただければ幸いです。
▲▲このブログを応援する



2008.11.28 Friday

支配人の根性論

気になる言葉、というものがある。それはちょっと使い方が違うんじゃあないの?と突っ込みたくなる言葉である。まあ、このブログで文法無視の「声に出して読みたくはない日本語」を駆使しているこの私が言える立場にない事は重々承知して入はいるが、それは一旦横に置いて話を進めたい。

たとえばファーストフードなど、持ち帰り可能な飲食店に行くとしばしば聞かれる言葉が、注文するときに真っ先に言われる「お召し上がりですか」という先制攻撃である。

冗談抜きに、最初に「お召し上がりですか?」と聞かれたときは、この支配人、不覚にも一瞬硬直した。食う以外に何がある? この店には食えないものが売っているのか? 召し上がる以外の、何らかの面白いリアクションを求められているのか?と。だが硬直した頭を柔らかくして考えてみれば、飲食店に来て食べない、という選択肢は通常あり得ないのだ。

例えばマクドナルドで「お召し上がりですか?」と聞かれて、「いいえペットとして飼います」だとか「いやダメだ! CTUに連行して尋問する!」とか、「はい。僕はそれと結婚します」と答えるような危険思想の持ち主はいないと信じたい。

良い子のみんなは判るだろう。これは食うのか食わねえのかハッキリしやがれこの野郎!というやさぐれた問題ではなく、要するに「店内でお召し上がりですか?」の店内で、が省略されているか、もしくは「店内でお召し上がりですか? それともここでは召し上がらずにお持ち帰りになられますか」といった食べるのか持って帰るのかとっとと決めやがれバカ野郎!……どうしてもやさぐれちゃうな……とまあ、そういう事なのである説明しなくても判るだろうけど

根性が、アインシュタインの一般相対性理論に基づいてねじ曲がっているこの支配人などは、いまだに「いいえ食べません、観賞用です」などと言い張りたくなる一瞬がある。このねじ曲がった根性を、特殊相対性理論を用いてまっすぐに出来ぬものかと、日夜研究にいそしんでいるところである。(注:むりです)

今日はもういいや。明日もがんばろう。


●次の文字をクリックすると、ブログランキングに投票されます。応援してくださる方はクリックしていただければ幸いです。
▲▲このブログを応援する


JUGEMテーマ:コラム


2008.11.21 Friday

秋の物欲祭り2008

先月のわが家などに巻き起こった電気機器の故障月間が終了したと思った矢先、支配人の日ごろの言動に異変が見え始めた。ヒマを見つけては東急ハンズに行きまくり、大型家電量販店に足しげく通い、価格.comで日夜検索しまくっているのである。

仕事とはいえ連日のアキバ通いがたたったのであろう。一挙に色々なものが買いたくなってしまった。まずiPodが接続可能なCDラジカセ。音質はもちろんデザインも洗練されていなければならない。ONKYOのCBX-Z20Xが支配人にはふさわしかろう。定価にして5万円也。

あとはデジタルデバイスで「ポメラ」。重さわずか370gのテキスト入力装置である。電子辞書ような本体を、パカッとフタを開けてさらに横にカッシャっと開くと、キーボードと画面が出てきて2秒で起動するというスグレモノ。定価約3万円也。

さらに連日のヨドバシ・ビック・ヤマダ参りで、支配人は出会ってはならないものと出会ってしまった。巷で話題の100円パソコンだ。

イーモバイルというネット接続サービスを2年契約すると、5万円相当の小型パソコンがなんと100円で買えてしまうという、まさに支配人まっしぐらのサービスである。既に4台のパソコンがフル稼働しているという支配人公邸(1LDK)。明らかにパソコン過剰である。これ以上パソコンなんて絶対にいらない。いらないのに、「不要である」という以外の購入しない理由を全て宇宙の彼方に吹き飛ばしてしまう悪魔のキャンペーンなのだ!

そもそもなぜ家電量販店にお百度参りしているかというと、ケータイを買い替えたかったからなのだが、これがソフトバンクとイーモバイルから物欲をそそる機種が出ている。TouchDiamondとTouchProだ。TouchDiamondも悪くはないのだが、支配人的にはより多機能であり、より痩せ電話っぽい(=スマートフォンのこと)TouchProを手に入れたいのだ。

出来ればイーモバイルに加入してTouchProを購入し、ついでに100円パソコンを入手するという男児の本懐を遂げたいところなのではあるが、どうもイーモバイル版のTouchProがまだ店頭では見当たらなく、どうにか支配人正気を保っている次第である。

アキバ通いが発端となった支配人「秋の物欲祭り2008」。仕事の一環でアキバに行ったのだから、これは労災を申請したいところだ。労災で上記のどれかを買いたいです。ちなみに劇場では照明機材を買ってしまいました…。はっはっはっはっ。。。

●次の文字をクリックすると、ブログランキングに投票されます。応援してくださる方はクリックしていただければ幸いです。
▲▲このブログを応援する


JUGEMテーマ:日記・一般


2008.11.20 Thursday

支配人のおつかい

ここのところ支配人は、劇場で公演がないのを良いことに秋葉原に日参している。秋葉原のラジオセンターという電気の屋台街のような場所に通いまくっているのである。

どうも職場では、アキバ行きは半分息抜きに行っている、いや、極論すれば遊びにいっているように思われているフシすらあるが、まったくもって誤解である。そう主張すればするほどかえって怪しさが増すだけなのだが、事実だから仕方が無い。

だいたい30過ぎてタクシーに乗ることすら緊張のあまり躊躇するこの支配人であるからして、あんな一見さんお断りの京都の料亭のようなラジオセンターなど、チャレンジ、いや、イニシエーション以外の何者でもない。ファミコン大一世代に通じる言い方をするならば、ドルアーガの塔に鎧脱いで突入するようなものであり、魔界村に腰巻きすらつけ忘れておいでやすされてしまうようなもの。はじめてあの異空間に飛び込んだときには、この支配人おおいにドギマギしたものである。

さすがに今では緊張はしなくなったものの、それで楽になったかと言えばそうでもない。ラジオセンターでのお買い物は、頭と体力を酷使する過酷な旅なのだ。

迷路のような小道を行ったり来たりしては、店頭に並ぶ小さなパーツ類に目を凝らす。予算とスケジュールからして優先的に買うべきものと後回しにすべきものを考えながら、劇場で本当に使い物になるのかを判別。狙い定まれば、歩き回った記憶をたどって、目的の商品を、しかも最も安価なブツを探し出さねばならない。

その間せいぜい3、40分。スーパーの特売をハシゴする歴戦の主婦並みの頭脳と瞬発力を必要とする、孤独な戦なのである!

こういう仕事こそ隠密にやらせたいところだが、そうもいかないのが辛いところだ。だいいち「こういう部品が日本に存在するとしたら、あそこにしかあるまい」ってなイチかバチかな品物を探しにアキバをさまよっているのであるからして。

こいつは配下の隠密にカリスマ主婦をスカウトせねばなるまい。というわけで支配人、明日からは主婦を捜しに商店街に日参する所存。誰か劇場をよろしく。


●次の文字をクリックすると、ブログランキングに投票されます。応援してくださる方はクリックしていただければ幸いです。
▲▲このブログを応援する


JUGEMテーマ:今日のこと


2008.11.09 Sunday

支配人の手帳道場

全国の手帳オタクたちよ。ついに一年間待ちに待った「日経ビジネスAssocie」が発売されたな(といっても、既に先週号になってしまったのだが…)。

手帳に狂喜乱舞できない一般人のために説明しておくと、この雑誌は年に一度手帳の特集を組むことで有名なビジネス誌であり、手帳オタク垂涎のおまけまで付いてくるという大人のための「小学六年生4月号」的な雑誌なのである。

紙面を見渡す限り、今年も手帳市場は活況のようだ。能率手帳、レバレッジオーガナイザー、「超」整理手帳と、かつて支配人が所有していた手帳が元気に紙面をにぎわせている。

そんなに手帳を変えてどうすんのよ!?と突っ込みたくなるお歴々もおられようが、そんな意見に支配人は耳を貸さない。笑止の極みである

全国の手帳オタクたちに言いたい。手帳が目的化することを恐れるな。本来手帳は効率的に仕事をこなすための道具に過ぎない、と常人ならば考えるであろう。だが常識的・理知的な考えが到達できる極みなど、たかが知れている。

例えば支配人はMacintoshを使っているが、我々マックユーザーはもはや何らかの成果を求めて、あんな対応ソフトの少ないOSを使っているのではない。ただひたすらMacintoshを「ええな〜」と眺めたり、持ち歩いて軽く自慢したり、くんくんしたりスリスリしたりするためにマックを求めるのである。単にExcelを使ったりパワポでプレゼンするだけならば、どう考えてもウインドウズで十分なのである。

手帳もそれと同じだ。単なるスケジュール管理であれば、もはやPDA化完了した携帯電話のカレンダーで十分なのである。あとiGoogleとかで。我々手帳オタクたちは、手帳を眺め、ナデナデし、ペラペラするついでにスケジュール管理や目標管理をするくらいでなければダメなのだよきみ判ったかね。

そういう訳で私は今年も、ご愛用の高級支配人手帳をほっぽりだして、違う手帳を買っちゃったりするであろう。


●次の文字をクリックすると、ブログランキングに投票されます。応援してくださる方はクリックしていただければ幸いです。
▲▲このブログを応援する


JUGEMテーマ:コラム


2008.11.07 Friday

気象予言士の本領発揮

まだ晴天

写真は、たった今の新宿の映像。(16:50ごろ)

あめ、降るどころか、良い天気ですな。

当たるか外れるかは別にして、1日に何度も天気の予言をする気象予言士としては、今日は降らないでしょうと断言したい。

外れても責任は取らないので要注意ですが。

●次の文字をクリックすると、ブログランキングに投票されます。応援してくださる方はクリックしていただければ幸いです。
▲▲このブログを応援する

JUGEMテーマ:今日のこと


●このブログについて
新宿シアター・ミラクル

西武新宿駅の駅前でひっそりと運営されている秘密地下組織的小スペース(実際は地上4階)新宿シアター・ミラクル支配人による日記。1年以上の逃避を経て2010年2月に復活。再び沈黙。また復活。


 ●Facebookはじめました。
 Eiichi Hoshi



 ●Twitter楽しいですか?
  Twitterボタン
Twitterブログパーツ

 ●応援を要請する!
  CoRichブログランキング

 ●このブログを忘れないで!
 
●最近の妄想録
●妄想録をさらに分類!
●唾棄すべき過去の妄想
COMMENT
RECOMMEND
FEED


(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.