<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【演劇宣伝】Twitterで集客に走る前に、やるべきこと | main | お笑いライブに“継続的”に演劇チラシを配布する >>

2016.01.28 Thursday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  •  - category(-)
  •  - -
  •  - -
  •  - スポンサードリンク

2011.11.20 Sunday

新宿シアター・ミラクル、ウルトラ提携公演のご提案

どうも、僕です。新宿シアター・ミラクルの星です。

twitterなどのソーシャルメディアにしぶしぶ乗り出してからというもの、その熱いホラ吹きっぷりから、時折「演劇の振興に尽力している」と勘違いされているシアター・ミラクルの星です(その実、何とかやりくりして小屋を維持しているだけなのですが)。

下手をすると「次々と新しい活動を打ち出すアクティブな男」と思われていたりもしますが、実際会った方からはほぼ100%「イメージと違いますね」と言われる残念な男・星です。

さて、そんな私ですが、このずぼらな私でも、小劇場にバタフライエフェクトをかますべく、悪あがきを思いつきました。いや、本当はずいぶん前に思いついていて、それに関してつぶやいてもいたのですが、性格がずぼらでネクラなため、延び延びになってしまっておりましたです。はい。

いい加減、年が暮れそうなので、かまそうかと思います。

要点を言います。提携公演のご提案です。
下記の条件を呑んでくれるんであれば、劇場費用割り引くよ、ってお話です。
条件というのは、ちょっぴりでもお客さんが足を運びやすくなるような、ちょっとした工夫。

でもまあ日ごろから言っている通り、残念ながら魔法のように瞬時に動員がアップするというナイスな条件ではございません。以前から多くの方が実践している、使い古されたアイデアでございます。

太古の昔、私はtwitter上でこんなことをつぶやきました。

『今自分が制作やるなら、初日大幅割り引き、平日昼割り、20時開演の1時間半もの、を基本としたい。』

要は、このツブヤキの条件で公演をやってくれる団体と、提携したいなあ、というお話なのです。

このツブヤキの内容を少し解説しますと…
SNS全盛の今、「初日割り」で初日集客力を高めることで、早めにネット上で話題になるように促してみる。
「平日昼割り」で、その時間帯が都合が良いという方の来場可能性を少しでも高める。特に業界人。あわよくば主婦層。あるいは営業まわりの時間つぶしに…。
「20開演」:19時開演じゃあ仕事帰りに間に合わない。じゃ、20時開演にしよう、と言う提案でしたが、これに関しては20時だと遅すぎて帰りの電車が気になる、というご意見も多かったので、19時半が現実的なのかなと今は思っています。
「上演時間」1時間半モノにすることで帰宅時間への影響を最小限に留めようめようという意図だったのですが、この尺だとかなり内容が限られる気がしますので、2時間以内ならば許容範囲かなと考えています。

以上、本当に演劇関係者の誰も彼もが言っている、真新しくもなんともない諸条件ですが、良く考えてみれば実行するのはさほど難しくないものばかりです。そのわりに堅実な効果が期待出来る。特に平日昼の公演を積極的に設け、夜も19時半以降の公演にすることだけで、時間的な制約で行けなかった方の内の何人かは、確実に来てくださるようになるはずです。「何人か」が少ないですって? 動員アップってのはその数人、数十人を可能な限り逃さないようにする、その積み重ねだと思いますよ。

(余談ですが、原則論として19時に開演して21時から準備不足で行き当たりばったりのアフタートークをやるくらいなら、19時半開演、21時ちょい過ぎには終わるべきでしょう。みんな腹も減っていることでしょうし。)

私がバタフライエフェクト、と言っているのはこの点です。

また私はこんなこともつぶやいています。
https://twitter.com/#!/hoshi_a1/status/82065721668022272

この現場での実感に則って、ツブヤキを早めに促すべく前述の「初日割り」の他、メディア関係者の方およびアルファブロガー(笑)フォロアー千人クラスのtwitterアカウントをお持ちの方を対象とした「公開ゲネ」なども、四の五の言わずデフォルトでやっても良かろうと思われます。もうこの辺りのことは、何も考えずにバカの一つ覚えでやったらいいと思います。やろうかやるまいか考えるから、面倒になってやらなくなるのです(この企画のように、な…)。

さらにさらに、私も今年父親になりましたので、今ならこれに「託児サービスの導入」を付け加えたいところです(この件に関しては、後々追加でご提案出来ることもあるかもしれません)。まあでもこの2点は目指す客層や公演内容などなどさまざまな要因がからんでくると思いますので、劇場としては「推奨」と言ったレベルですが。

んなわけで、話をまとめます。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上の施策を導入してくださる団体を対象に、割引料金にて当劇場をお貸し出しいたします。ただし、短い公演ではあまり意味がないので、原則として最低6日以上ご利用いただける団体が対象です。(そもそも劇場の空き日程が6日もないと言う場合は、適宜ご相談させてください。)
また、簡単な審査をさせていただきますので、団体のプレゼン資料を添付ファイルにてご提出下さい。
(今回の提携案は、観客の方が足を運びやすくなるための環境整備を目的としていますので、基本的には作品内容は問わないつもりです。)

■6日程度の劇場連続利用
■その日程の場合は、劇場費1日59,000円まで値下げ。
■以下の施策を実施すること。ただし公演内容や団体のポジショニング等々の問題で実施出来ない条件がある場合は、ご相談に応じます。
・【初日割り】【平日昼割り】の実施:初日公演と平日昼の公演で、いくばくかの割引を実施していただくこと。
・【19時半開演】:夜公演は19時半スタートで22時半までに完全退館。
・【上演時間】:2時間以内
  ※通常は22時以降は延長料が発生しますが、この企画では不要です。
・メディア向け【公開ゲネ】の開催、および【一時託児サービス】の導入は推奨条件。


※既に契約が完了している団体様は、申し訳ございませんが適応出来ません。次回公演以降に検討させていただきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


もちろん、直近の公演を拝見し、素晴らしい作品になるであろうことがある程度予見できたり、新しいお客様を開拓するような切り口の企画であったりした場合、劇場として可能な限りPR面でご協力いたします。

いまシアター・ミラクルには、スタッフ合計で3,000名以上のフォロアーと、数百件の顧客リスト、メールアドレスリスト、劇場公式facebookページ、演劇ツイートまとめサイト「TwitStage」、戯曲販売電子書籍サイト「架空ストア」あります。

これらの“資産”を使ってどこまでご協力できるかどうかは、おつきあいをさせていただいてから判断させていただきます。上から目線な物言いで申し訳ないのですが、こればかりは大切なお客様との関係性の問題になりますので、私だって自由にならんのです。どうかご容赦の程を。

というわけで、シアターミラクルと上記の条件で「ウルトラ提携公演」をしてくださる団体を募集します。
お問い合わせ、お申し込みは、メールにて直接私にまでご連絡下さいませ。


シアター・ミラクル支配人:星英一あて直通メール
hoshi@t-miracle.jp



追伸:今日は良い感じで疲労困ぱいしております。疲れから以上のような破滅的な文章になってしまいましたが、判ってはいるつもりなのでどうかご容赦下さいませ。


JUGEMテーマ:演劇・舞台


2016.01.28 Thursday

スポンサーサイト

  • 20:12
  •  - category(-)
  •  - -
  •  - -
  •  - スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
●このブログについて
新宿シアター・ミラクル

西武新宿駅の駅前でひっそりと運営されている秘密地下組織的小スペース(実際は地上4階)新宿シアター・ミラクル支配人による日記。1年以上の逃避を経て2010年2月に復活。再び沈黙。また復活。


 ●Facebookはじめました。
 Eiichi Hoshi



 ●Twitter楽しいですか?
  Twitterボタン
Twitterブログパーツ

 ●応援を要請する!
  CoRichブログランキング

 ●このブログを忘れないで!
 
●最近の妄想録
●妄想録をさらに分類!
●唾棄すべき過去の妄想
COMMENT
RECOMMEND
FEED


(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.