<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

2016.01.28 Thursday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  •  - category(-)
  •  - -
  •  - -
  •  - スポンサードリンク

2012.04.05 Thursday

雑談会「ミラクル・カンファレンス」のお知らせ

その名も「ミラクル・カンファレンス」と大それた名前を冠した、単なる雑談会(!)を始めようかと思っています。

自分の専門が、若手の小劇場演劇及びネットを中心とした広報宣伝だと思ってりますので、漠然とそれら関連のご相談には乗れると思いますが、それ以外にも、演劇関係者の方であればどなたでも、どんな内容でも当面は結構でございます。そのうち方向修正して対象を限定していくかもしれませんが…。

原則1団体、時間は19時から当事務所、が基本ですが、他の場所時間でも対応可能です。日程調整しますのでご希望の方はご連絡ください。



JUGEMテーマ:演劇・舞台

2011.12.20 Tuesday

映画のチラシを眺めてみれば【映画チラシの構造分析】

新宿シアター・ミラクルの置きチラシにも、定期的に映画のチラシが届くようになった。そこで、主に若手の小劇場演劇を主戦場とするワタクシの視点から、映画のチラシの構成を俯瞰してみることにした。

【作品タイトルが、ロゴとして載っている】
小劇場演劇では、タイトルロゴがある作品の方がおそらく少ないだろう。

【映画祭情報】
映画祭へ出品している作品の場合、これでもかとばかり出品先の映画祭の名称を羅列している。

【公式サイトアドレスの掲載方法】
たいてい表面の最下部を見れば、小さい文字ながらも載っているようだ。

【あらすじ】
載っていないチラシはほぼ無いようだ。演劇と違って既に完成していますからね。

【企画意図?】
のようなものもほぼ確実に載っている。演劇と違って文章がおかしい、と言うこともあまりなさそう。

【キャッチコピー】
これがいわゆるセールスの世界での、ヘッドコピーに当たる機能を有している場合が多い。あとサブヘッドも載っているチラシもある。

【公開日、映画館情報、チケット利用金】
実際に見に行くに際して必要な情報は、裏面下部にあることが多い。演劇と違って単館のみという場合は少ないから、「〜ほか」という表記になるようだ。

【写真多数】
既に撮り終わっているわけですから、使わない手はありません。

【スタッフ・キャストのクレジット】
総じて級数は小さい。チラシでそこを推そうというつもりは業界全体としてないのであろう。

【尺が載っている】
ま、撮り終わっているわけですから。

【監督の情報】
1行程度の紹介から、第一回監督作品の場合は数百文字のプロフィールいたるまで、掲載されていることも多い。書くべきそこそこの実績はあるが、まだ一般には名前が知られていない監督の場合は、おそらく掲載するのが普通なのではないかと推測する。

【テスティモニアル】
有名人からの推薦文をもらえている作品は、載せているようだ。ま、さすがに今どき誰かが良いと言っているからといって映画を観ようとは思わない気もしますけれども。

※印をつけた最後二つの項目以外は、ほぼどのチラシもデフォルトとなのだろうと思われる。若手小劇場演劇に携わる者としては、その点がとてもうらやましい限りだ。

若い演劇人から、ホームページやチラシについて「どんな項目を載せればいいですか」と質問を受けた際に、私は、「映画のサイトやチラシをパクれば」と答ることが多い。

もちろん全ての演劇のチラシが映画のようにあるべし、などとは考えていない。いないが、劇団名とタイトルと、謎のポエムと変なイラストと、免許証のもののような顔写真しか載っていなくて、問い合わせ電話番号すら載っていないチラシを作ってしまうのであれば、素直にまねたほうが良いとワタクシは思う。

何と言っても「既に作品が完成している」という点が演劇との最大の違いなのだとは思うが、仮に試演会などでほぼ通せていたとして、果たしてこういうチラシが若手小劇場演劇で当たり前に作れるかと想像してみるに、さまざまな要因により、そうは行かないかもなあと考えてしまった。

それにしても、映像という、演劇に比べればデジタルにもテレビにも遥かに親和性の高いメディアが、紙のチラシをきっちり作り続けていると言う点に些か驚かされる。このあたりのことを鑑みても、映画のチラシにはまだまだ学ぶべきところがたくさんあるような気がするのだ。

JUGEMテーマ:演劇・舞台

2011.12.20 Tuesday

2011年12月19日のつぶやき

11:02
劇団たすいち、12ヶ月連続公演もいよいよ今日が最後ですわ。私は昼の回をもう一度拝見いたします。13時半と18時半から西武新宿恵駅前シアター・ミラクルにて。http://t.co/kJi3MHzN
11:05
私も日芸脚本の出身なんで、産みの苦しみは多少は判るほうだとは思うのですが、ただ書きなぐるのではなく、一定の水準を維持して毎月1作書き上げるのは、大したものだと思います。 QT @sonodahideki 大学生で毎月書けるのはすごいですね。
11:07
ちなみに劇団たすいち「クリスマス・エンド」のツイートをTwitStageにてまとめておりますので、チラ見していただければこれ幸い。→ http://t.co/LH3WLVQ7
11:31
「SATC」キム・キャトラル主演のブロードウェイ舞台 売り上げが伸びず1か月以上早く幕を下ろすことに - シネマトゥデイ http://t.co/MmeExsZO @cinematodayさんから
15:26
たすいち「クリスマスエンド」。2度見たけどやっぱ私にはツボですわ。18時30分からがいよいよ12ヶ月連続公演の大楽。内容は、ハートゥオーミングコメディと言ってしまって良いでしょう。多少残席は在るそうなので、よろしければ。【公演情報】http://t.co/kJi3MHzN
15:27
もしかして、俺、呼ばれた? QT @aptokiko 舞台制作で、票券、デスク、当日運営など業務を分けて分担する事はよくあるけど、他に分担委託で「WEB広報」とかあると有り難い。分けすぎか…
17:43
たすいち「クリスマスエンド」。大楽を見るべく、通常業務を怒濤の早さでこなす。モニターを見ると踊り狂っている人がいるのはあれは皆の妹・三輪さまか? 本番前にあれだけ動いて大丈夫って若さって偉大。じゃなかったグレート。
17:44
と思ったら、安田さんもトナカイのかぶり物のまま踊り狂っている…。
20:25
たすいち12ヶ月連続公演が終わった。地震が来ようが大赤字を食らおうが、この12ヶ月が終わるまでは小屋を潰せないと腹をくくった公演が終わった。大楽後のイベントやれよと言ってあげれば良かったことを今は後悔(だって大打ち上げを別日にやる話してたし笑)。カーテンコールにちょっと感動。
20:37
震災があり、新宿稽古場は手放さねばならなくなったが、+1のいる12ヶ月間、小屋は潰さずに済んだ。モニターを見れば+1「クリスマス・エンド」のバラシ風景。窓の外を見下ろせば、お客様と俳優の皆さんの笑顔が見える。何も出来なかったが変な達成感がある。暫くはつぶやくことなど無いなあ。
20:42
あ、時々勘違いされるのですが、新宿シアター・ミラクルは普通に営業続きます。閉鎖するのは併設のミラクル稽古場でして、弊社の事務所になります。既に来年に向けて地見に動いています。来年もシアター・ミラクルをどうぞご贔屓に。
21:38
いずれ、そう言うことも請け負いたいと思っていたのは本当です。実務はまだ人手不足で出来ないと思いますが、ご相談であればお気軽にどうぞ! QT @aptokiko 他に分担委託で「WEB広報」とかあると有り難い。

2011.12.19 Monday

2011年12月18日のつぶやき

09:23
『PLAY PARK 2012 〜日本短編舞台フェス〜』、第1弾アーティスト発表 http://t.co/yfeg7pYZ
10:08
終電を逃して漫画喫茶にて朝を迎えたという黒沢佳奈さんが先ほど小屋入り。私は今日の昼か夜かで観る。明日は昼みたい。+1(たすいち) 12ケ月連続公演フィナーレ 「クリスマス・エンド」。明日までっす。http://t.co/QCinIxdt
10:10
劇団たすいち12ヶ月連続公演の掉尾を飾る「クリスマス・エンド」。タイムラインを観るにコメディとの噂だ。だとすれば12ヶ月の中では初なのかな?http://t.co/QCinIxdt #engeki
10:27
なんだよ「挫折力」って。キャッチコピーだとしてもちょっとセンスがなさすぎやしねえか。
13:50
劇団たすいち十二ヶ月連続公演のラスト「クリスマス・エンド」。あと40分で昼の会が開演。代わりのスタッフが現れないので、私は夜の会を見ることになりそうだ。http://t.co/WCutBjNW
13:50
たすいちの皆さん。いま円陣を組みましたあー。
15:50
【RT希望】来年1月2月の空き日程( http://t.co/oqf4mO8O )、勿体ないので平日1日3万円でお貸し出しします。1日だけでも連続日程でもOK。特に1/30(月)〜2/5(日)はかなりお得かと。よろしければご連絡下さい。 bureau@t-miracle.jp
16:54
hoshi_a1 が2011年に一番多く発言した漢字は【劇】です。1位【劇】2位【演】3位【場】 その他のランキングはこちら → http://t.co/909xfBR1 #watakan2011
18:46
皆さまRTありがとうございます。そして劇団たすいち「クリスマス・エンド」19時半からのを観ますぜ。会場はここ新宿シアター・ミラクルですぜ。http://t.co/WCutBjNW
18:52
今日の劇団たすいちの受付はゲンパビの新居さんのようだ。劇団競泳水着の会沢センセはおられぬようだ。
18:59
いや、たすいちのマスコットは新居さんで決まりだからこれでいいのだ(ゲンパビの人だけど…。)
19:11
食べログは確か投稿回数が少ないうちは、1点や5点など極端な評価の投稿が出来なかった…はず。昔の話だけど。アルゴリズムは判らん。 QT @fringejp [blog]「CoRich舞台芸術!」のクチコミはレビュアーごとの加重平均にすべき http://t.co/LHAA4ELs
21:24
たすいち12ヶ月連続公演ラスト一本「クリスマスエンド」観てきたぜ。特に主人公の超目標の根源が見えないことや結末の展開など、突っ込みどころはあるし、キャラに助けられたところも大いにあろうが、水準以上の出来は保てていて、正直ほっとしたと言うのが本音である。(続く)
21:27
【たすいち「クリスマスエンド」続き】多少の浮沈はあれど、大学生にして毎月1作、水準以上の作品を生み出せる筆力は、私は本物だと思う。個人的にはさらに突き抜けた特徴が欲しいと思うので、これは作家目崎剛の人間観によるのかなあ。会場がどっかんどっかんでホッとしたわい。(続く)
21:30
【たすいち「クリスマスエンド」続き】今回は、キャラ全員が、まるで当て書きされたかのように役者の個性にぴったりで、1年間見続けてきた自分からすると見どころ満載で非常に楽しめた。今日は最上手だったので、明日出来たらセンターよりで観れたらいいなあ。(続く)
21:37
【たすいち「クリスマスエンド」続き】この勢いで来年4月末吉祥寺シアターを満席にして欲しい。上演作品は震災により欠番となっていた『FIRE LIGHT』。12ヶ月連続公演第3作となるはずだった作品。4ヶ月近くあるので、今度こそシアター・ミラクルとしても宣伝協力したい。(終わり)
21:41
【たすいち「クリスマスエンド」】余談。ともかくも「クリスマスエンド」面白かったので今日は気分良く帰れそうだぜ。はあすっきり。
22:26
それにしても、最近観た芝居で2回(いや、3回かも)立て続けに、星という名前のキャラクターが出てくるのだが、偶然にしてはすごいな。
●このブログについて
新宿シアター・ミラクル

西武新宿駅の駅前でひっそりと運営されている秘密地下組織的小スペース(実際は地上4階)新宿シアター・ミラクル支配人による日記。1年以上の逃避を経て2010年2月に復活。再び沈黙。また復活。


 ●Facebookはじめました。
 Eiichi Hoshi



 ●Twitter楽しいですか?
  Twitterボタン
Twitterブログパーツ

 ●応援を要請する!
  CoRichブログランキング

 ●このブログを忘れないで!
 
●最近の妄想録
●妄想録をさらに分類!
●唾棄すべき過去の妄想
COMMENT
RECOMMEND
FEED


(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.